甲東園で整骨院を探すなら松村整骨院・地域の患者さんに安心され本当の口コミが多いお店。

ドケルバン病(腱鞘炎)

寒い日が続きますね。

皆さんは、「ドケルバン腱鞘炎」をご存知ですか?

ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。
ドケルバン

ばね指などと同じ腱鞘炎(けんしょうえん)です。

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

私は、親指の付け根の痛みに思い当たるふしがなく、院長に尋ねたところ、「ドケルバンを調べてごらん」
と言われました。

痛みの原因は、その場所を使いすぎた、またはケガが発端と思われがちですが、実はホルモンバランスの乱れ、気圧・気象の変化、冷えなど複雑に絡み合っていることもあります。

先生方は日頃から診療中にお話しをすることがありますが、生活習慣や最近の出来事で現在の不調につながるヒントを拾い漏らさないようにしています。
スタッフも同じく気になったことは先生方に聞いたり、調べたりなど日々努力しています。
当院は、患者さんの痛みに対し、からだ全体を診させていただくことで様々なアプローチをさせていただくのが
モットーです。

診療中、気になったことは是非お話ください。
関係ないかな?と思ったことが実は痛みにつながっているかもしれません。

院長です。いつもお仕事お疲れ様です。
そうですね!この疾患には悩まされますね!

親指を4本の指で握り小指側へ倒してみてください。
テスト
痛みが有れば陽性で軽い痛みの場合は早期に治療をおすすめ致します。
当院の治療では、上記の記述にも記載がありますが、ホルモンや血行の問題も考え全身のバランスを診ます。
局所は微弱電流や超音波などを利用し炎症を下げ、必要であれば関連する箇所へお灸なども有効です。
 場合によっては整形外科で注射が効くこともあります!(その場合は紹介致します)
外的要因がない場合も含め、非常に難しい疾患になりますので一度、お気軽にお尋ね下さい。